プロポリスでお金を稼ぐ!

お金を借りる必要がないくらい儲けるのよ♪

まずは普通預金を見る、そして定期預金を見る。それでも足りないなら親だ。

お金を人から借りることは、できることならしたくありません。
まずは自分の預金の中でなんとかしたいものです。
友人にしろ家族にしろ、お金を借りるのは言いづらいことです。
なので、預金がなくてお金が足りない場合は、キャッシングに頼ることもあります。
今日、普通預金の金利は0.03程度ですが、キャッシングは13%ほどかかります。
キャッシングにおいて、金利は高いですが、借入を行って給与が入った時にすぐに返済を行えば利息負担も大きくありません。
また、キャッシングなら身内にお金を借りるよりも気持ちの面で気を使うことがありません。
そして自分だけで返済を行わないといけないので、責任を持って返済する意識付けもできます。
ですが、できることなら高い金利を払ってキャッシングなんてしたくありません。
借りる金額が多額の場合。例えば、自動車を購入する場合、数百万円もかかるので、その際は親に借りて返済をしていました。
いわゆる親ローンです。
金融機関で自動車ローンを組むと、少なからず利息で数万円払わなければいけません。
ですが、親ローンなら利息は払わなくていいので、その代わり親に食事をご馳走するなどしてお礼をしました。
親からお金を借りることは嫌だったので、親に100万円ほどお金を借りて自動車を購入しましたが1年近くで返済しました。
長い目で見ると、将来的に家を買うための住宅ローンや、子どもができたら教育ローンと借りることになるかもしれませんが、極力自己資金で賄えるように、今のうちに定期預金などでお金を貯めておきたいと思います。
http://www.hkheatbrand.com/

tsuruta7 2015年12月17日 Leave A Comment Permalink

大金を借りるのは不安

私はこれまでの人生で貯金を全くしたことがなく、大きな買い物をするときはローンを組みます。
先日お金を借りたのは結婚式の費用です。
私が結婚式を挙げた場所は、前払い制となっていたため、祝儀を受け取る前に、まとまったお金を用意することができなかったため、ひとまずお金を借りて、祝儀が入ったらそれで返済をしようと考えました。
インターネットでブライダルローンについて事前に調べ、金利が低い金融機関で借り入れをしようと思い、色々な金融機関に相談しに足を運びました。
様々な提案を受けたのですが、労金でお金を借りることにしました。
ブライダルローンではなかったのですが、生活支援用のローンを提案していただき、金利もブライダルローンよりも低く、途中で一括返済することも可能だということだったので、審査してもらうことにしました。
審査には、1週間ほど時間がかかりました。
結果、審査は通りましたが、初めて500万もの金額を借りることになったので、祝儀でまとめて返す予定とはいえ、祝儀はいくらもらえるかも中々想像できなかったので、本当に返済していけるか不安もありました。
借り入れしたお金で無事に前払いを済ませ、結婚式も無事に終わり、祝儀を計算すると、思っていた以上にお金が集まったため、借りたお金もすぐに返すことができ、一安心でした。
お金を借りるには信用も必要になるし、借りる金額が大きければ大きいほど、返済するにも苦労が増えます。
日ごろから計画的に貯金をして、出来るだけお金は借りなくていいようにしたいと思いました。

消費者金融は借り過ぎに注意が必要です

昔は借金をするのは簡単ではありませんでした。
ですが、最近では貸し出し審査が緩和されたり、法改正により金利が引き下げられたことにより、金融機関で借金がしやすくなっています。
私も昔は借金をする事はなかったのですが、最近は消費者金融でお金を借りやすくなったので少々借りるようになりました。
ただ、お金を借りやすくなると安易にお金を借りたくなってしまいますから、返済計画をしっかり立ててから消費者金融でお金を借りるようにした方が良いと思います。

引越ししたい!と思った時お金が欲しいです

お金が今どうしても必要、すぐにでも用意したい、と強く思ったのはその当時住んでいた賃貸アパートでの隣人トラブルに巻き込まれた時です。

すぐにでも転居をしたいと思ったのですが、引越しにはお金がかかります。
ワンルームの学生時代だったので家賃も安かったのですが、引越しに必要な30万円がすぐに出せる余裕はありませんでした。
親にはもう大学の授業料や仕送りをしてもらっていたので、イレギュラーな引越し資金を頼むことはできません。

こうなったら自分で用意するしかないと決意して、隣人の騒音に我慢しながら、毎日授業とバイトに励んでいたのを思い出します。
たくさんシフトを入れて働いたので、引越し資金は思っていたよりも早く貯まりました。
それに、バイトへ出てる間はアパートの部屋にもあまり戻らずに済んだので良かったです。
以来、引越し先を決めるときは隣近所にどんな人がいるのか、近隣情報をしっかりチェックするように気をつけています。

お金がない時の私の対処方法

安くお金を借りるなら今でしょ!!

給料日まであと3日なのにお金がないという状況の時、私はまず買い物や交通費など、その間にどうしても必要な出費ががあるかどうかを考えます。

その上でお金がなくても耐えられると思えば誰からも借りたりはしませんし、極力自宅にいるようにして、急な出費を余儀なくされるような状況を作らないように努めると思います。

ただし、どうしても一文無しでは済まされない状況の場合は、身内から借りるようにします。

なぜ身内から借りるのかというと、給料日目前という状況で消費者金融を頼ったりしてしまうと、なんだか借金に対する感覚が麻痺し、給料日前に手持ちのお金が尽きるという状況に慣れっこになってしまう気がするからです。

また、支払日が3日後に迫っているにも関わらず、口座残高が尽きているような状況の時は、支払先の相手に確実に払える日を告げ、それまで待ってもらえるかどうかを確認します。

待ってもらえるようならば謝罪して待ってもらいますが、1日たりとも遅れてはならない支払いの場合はやはり家族に泣きついて借り入れをすると思います。

家族から借りると自分の金銭感覚の問題点を指摘し怒ってもらえる分、できるだけもうこんな状況に陥らないように注意しようと思えるから、私にとっては一番緊張感がある借り方だと思います。

 

お金足りないけど、総量規制対象外の銀行でも借りたくない

我が家は私が専業主婦なので、主人のお給料のみの収入で暮らしています。そのため月に1回のお給料日の前は、結構生活が苦しいと思う事も多く、とりあえずいろいろ工夫して生活しています。

まずは冷蔵庫の中の食品を全部使い切るべく、料理のレシピを考えます。案外、冷凍庫に忘れていた食品があったりするので、チェックは必須です。

葉物野菜などのようなあまり日持ちしないものから使い始めて、最後の方に卵の料理を考えていったりしています。
それでもどうしても野菜が足りない時は、実家に行ってもらいます。

暮らしている所が田舎なので、だいたいどこの家でも家庭菜園をしていて大量に野菜が余っている時があり、もらって帰るとかえって喜ばれることも多いです。

それが主人の実家だった場合は、ついでに夕飯もごちそうになって帰って来ることができるので、とても助かります。

でもどうしても主人の両親に『お金が足りない』とは言えないので、主人にも協力してもらい、なるべく自然に食事をごちそうになれるようにしています。

その他、どうしても支払いがありお金が足りない時には、仕方ないので実家の母に相談します。

でも、なんとなく主人の立場を考えると、母にお金を工面してもらったことは主人には言えません。
お金が無くなると、色々な人に気を使い秘密も増えるので、できるだけそう言った事態にならないようにしたいものです。

銀行なら安心してお金を借りれるけど、まだそこまで切羽詰まってはいません。ちなみに銀行は総量規制対象外です。
総量規制対象外のローンとは?・・・http://xn--u9j7nsa9a9556azvi16ey85frdwamig0uq.net/

どういうことでも借金はしたくないですね。

なるべくお金はアコムからは借りたくない。

私の意見としてはなるべくアコムでお金を借りるのに消費者金融や信販会社からは借りない方が良いと思います。

お金がもし必要だとしてもそういう所から借りると金利とかもすごく高いと思うのでそれなら頭を下げてでも自分の両親や親戚から借りた方が良いと思います。

もしお金をなかなか返す事が出来なくて取りたてとかが来たりしたら怖いです。

ちょっと怖そうな消費者金融なんかでお金を借りてしまえば金利もすごく高いので金利を返すだけで苦労すると思います。

そうでない所で借りたとしても借金を返すのは本当に大変な事です。

もしお金が足りなくどうしても今必要だと言うのであればどんなに嫌でも身内から借りるのが良いです。

もし身内から断られてしったら自分の友達とかから借りたら良いと思います。

借りる時は口約束をしないで借用書を作って借りたらきっと向こうも貸してくれると思います。

やはり友達でもお金の貸し借りはきちんとしておかないとその後の関係に大きな影響があると思います。

なるべく借りないのがベストです。

子どもの成長とお金

私が高卒ですぐに働いていたからでしょうか。私には子どもが二人いますが、このご時世、主人の給料は10年前から上がらず、ボーナスもなく、私もパートで働いておりますが、ある程度貯まったら「家」を買い、「車」を買ったら残り100万ない程度。なので子どもたち二人とも高卒で働けば良いを思っていました。

が、よくよく人生の先輩やら仕事先や周りから意見を聞くと、大学まで行かすことが普通のようで。

就職先がなかったので進学した。院生になった。とか云った話を聞くと、その授業料は親が出すのが当然なのだろうか。皆、それくらいは稼いで、貯金しているのだろうか。それともお金借りるのだとうかと不安になりました。特に男の子は大学まで行って当然な世間の風潮のようで、男兄弟のいない私には驚愕でした。

二人とも現在中学生です。上の子は、もう勉強をしたくないとの事で、高校でたら働くと言っていましたが、専門性のある事がしたいので高校に通いながら別の学校(と云っても週1ですが)に通います。既に40万程払込をしました。下の子は、まだ先ですが、IT関係の仕事がしたいらしく大学決定です。それまで後、5年間。1か月で貯金できる金額が3万弱。それもふとした事で出て行く可能性があります。果たしてそれまでに教育資金が貯まっているのかどうか不安でなりません。 今になって先人達の「子どもが小さい時が貯め時」と言った意味がわかりました。

ボーナスがいつ出るのかわからない

円安の為に今年は会社の業績が相当悪くなってしまいました。
夏のボーナスもダウンしました。
冬のボーナスもダウン間違いないでしょうが、12月半ばになっても支給日が決まっていません。
毎年10日までに出ていたのですが。
忘年会があったり、正月準備、帰省の準備などでお金が要ります。
仕方がありませんからカードローンでお金を手当てすることにしました。
この冬はカードローンにしっかりお世話になりそうです。
忘年会も3件あります。
帰省は止めようかなといろいろと出費を抑える工夫を考えています。